スタッフブログ

広告物歴史7

Posted:2011.11.21

明日と言っていたのですが バタバタして書けませんでした・・・・・
すみません

今日は言っていた 印刷広告について書いていきます

1445年に ドイツのグーテンベルグが 金属活字を発明し、印刷広告ができました。

1480年頃にはウィリアム・カクストンが、 英語による最初の印刷広告をロンドンの教会に貼りました。

その印刷広告は縦12.5cm 横17.5cm

内容は、 「ソールズベリーの記念礼拝規則をご希望の僧呂や世俗の方々。 それはこのような現代文字の書体で、 きれいに、そして、正確に印刷されたものです。 もし、ご入用の方はウェストミンスターにある 赤い縦筋の入った楯の看板を出した施物所にお越しください。  この知らせは貼ったままにしておいて下さい。」

コレが世界で最初の印刷広告です。

 

t02200165_0320024011624841894

 

(写真見にくくてすみません)

これが?て感じですね。 ただの字が書かれているだけの紙なのに・・・・・

時代って凄いですね。 このくらいの印刷なら今の時代誰でも自宅でできまよね?

この紙に字が書かれているだけの印刷広告が これから約600年後には

 t02200409_0241044811624841895

こんな風に 印刷された文字が光るなんて 想像もしていなかったんでしょうね!!

 

 t02200293_0800106711624849398

 


最近はLEDの広告よりも この印刷広告 インクジェットの広告がもの凄く増えています!!

 

 

 

本当に初代印刷広告からは想像も出来ないくらいの 広告が掲載されるようになりました。

 

 

凄いですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この第7条はとっても難しいです。
だけど、 大事な法令ですので また明日、紹介させて頂きます!!

それでは

ここで!! 世界最古の印刷広告の最後に・・ 貼ったままにしておいてください!!と書いていますよね?

この時代はどぉだったのか分かりませんが、 (多分なかったと思いますが) 現在の屋外広告物法第7条には違反に対する処置 という法令があります
この法令は、 禁止・許可・広告物の基準を定めた条例の規定に 違反した場合知事(市長)は、条例で定めるところにより、 設置者・管理者・広告主等に対して 表示・設置の停止、相当の期限を定め除却、 その他必要な処置を命じることができる。
とあります。

簡単に言うと、条例に違反している広告物は表示をしている場合は撤去したり掲載する前なら設置しないように表示の停止を行える。という 法令です。

 

 

 

 

・電飾看板

・屋外看板

・ネオンサイン 

・LEDサイン

・ネオンサインデザイン

・LEDデザイン

 

 

屋内外サイン・看板のことで

 

ご不明なことや、お困りなことが御座いましたら

 

何なりとお申し付け下さいませ。

 

 

ブログ

OAC青年部視察旅行会

先月の2月18日 OAC青年部視察旅行会に行ってきました 早朝集合でしたが、道中はクイズ大会を...

ブログ

2018.01月 カレンダー勉強会

    皆さん、こんにちは!   &n...

ブログ

本年も宜しくお願い致します!

謹んで新年のお慶びを申し上げます。 旧年中は大変お世話になり、社員...

ブログ

年末年始休業日のお知らせ 【 2017 – 2018 】

年末年始休業日は下記の通りです。 12月29日(金)~1月4日(木...

ブログ

OAC支部合同大忘年会

      先日、OAC の支部合同大忘年会...

ブログ

カレンダー勉強会11月(2017)

    こんにちは ★☆   &nbs...

ブログ

カレンダー勉強会10月(2017)

    こんにちは (^O^)★   ...

ブログ

カレンダー勉強会9月(2017)

      こんにちは!  ...