スタッフブログ

広告物歴史9

Posted:2011.12.8

久しぶりの更新です!!
なぜ更新出来なかったのか言い訳します!!w

PCの電源が点かなくなりました・・・・
そしてPCの入れ替え!!

その後の作業にゴタツイていました(T▽T;)

すみません。

 

 

 

今回で9回目の屋外広告の歴史!!

この屋外広告の歴史も実はあと数回で終わるんです・・・・・
広告物歴史に続く良い記事を書いていきます!!
頑張ります!!

看板や広告の事で
不明なことがあれば言ってください!!

ブログでも紹介させて頂きます!!

さて!!

今日は、明治時代から最近の
屋外広告について書いていきます。

 

もうこの時代になると、
㈱フジネオンの創業者だった
松本貞雄は産まれていました。

松本は大正14年産まれです。

松本貞雄が見てきたこの時代の広告物の歴史を

書いてきます。

明治時代に入ると、街には広告も増え出しました。

明治5年には理髪店の看板標識が出現し、

t02000300_0200030011659401140
明治8年には、東京神田の時計店時計塔が建てられました。

 

明治34年に東京新橋駅前に麒麟麦酒の
電球による点滅式広告塔が建てられて

 

明治36年31日~731日、
大阪で第5回内国勧業博覧会が開催され、
イルミネーションが評判となったそうです。

t02200152_0561038711659396876

 

明治36年に村井商会や森永等の電飾塔が建てられました。

 

明治の後半には、売薬広告が急激な増加をみせ、
書籍広告を抜いて一位になったそうです。
当時の売薬広告のトップ広告主は
「宝丹」の守田治兵衛と「精錡水」岸田吟香です、

 

 

t02200145_0220014511659432096

この頃になると売薬は新薬に変わり、

今日の大手製薬会社の前身の広告主が現れています。

歯磨、石鹸の広告が多かった為
化粧品広告が当時3大広告のひとつとされていました。

このように広告が増えて、無秩序に氾濫してきたため、
1911年(明治44年)に広告物取締法が公布されました。

この時に初めて広告物の取締が行われ始めたようです。

ここから改訂を繰り返し現在のようなややこしぃ~
屋外広告物法になったのですね!!!!

今までの歴史の中でも、
禁令などはありましたが、ここから本格的に
取締が行われたんですね。

松本は、屋外広告物の取締よりも早くに産まれ
そして、多くの方が感動した電球広告も見たのかなぁ?と思うと
本当に凄いです。

 

明日からは
大正~現在の歴史を書いていきます。

私個人的には昭和の屋外広告の話しがすっごく楽しみです!!

それでわ!!

 

・電飾看板
・屋外看板
・ネオンサイン 
・LEDサイン
・ネオンサインデザイン
・LEDデザイン

 

 

屋内外サイン・看板のことで

 

ご不明なことや、お困りなことが御座いましたら

 

何なりとお申し付け下さいませ。

 

 

ブログ

カレンダー勉強会9月(2017)

      こんにちは!  ...

ブログ

カレンダー勉強会8月(2017)

    以前、ブログでカレンダー勉強会を紹介していたんですが...

ブログ

夏期休業のお知らせ【2017】

ネオフジくん久しぶりの登場です(^O^)/     &...

ブログ

野球観戦 !!!

    OAC青年部の納涼会に参加させて頂きました! ...

ブログ

今年も行ってきました^^

      SIGN EXPO 2017 に...

ブログ

ゴールデンウィークのお知らせ【2017】

    ゴールデンウィーク休業日のお知らせです。 &n...

ブログ

年末年始休業日のお知らせ【2016-2017】

年末年始休業日は下記の通りです。 12月29日(木)~1月4日(水) ...

ブログ

もうこんな時期・・・☆

      もう今年も後2ヶ月半を切ってしま...

ブログ

なにわ淀川花火大会*

        先日、OAC...

ブログ

夏期休業のお知らせ【2016】

    夏期休業のお知らせです。   ...